「戦略的アセスメント」で、人材の可視化を実現する > 導入事例 > 導入事例 > PXTスコアを共有しあうことで、強みを生かした職場環境の実現

導入事例

PXTスコアを共有しあうことで、強みを生かした職場環境の実現

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PXTスコアを共有しあうことで、強みを生かした職場環境の実現

導入背景

この部門には、広報や企画系、管理系業務など様々な機能があり、社員は社内からの公募などで同部門に配属され、職務に配置されます。しかしすべての配置判断が最適であるかは疑問がありました。また、部門の規模が大きくなるに従い個々の結束が薄れがちの中、部門におけるパフォーマンス向上のためには、適正な配置と、上司部下、チーム間での信頼関係構築の重要性が認識されていました。

ソリューション

部門全員にPXTを実施したのち、各職務ごとのモデルをライブラリーや現職者データをベースに構築しました。社員と各モデルのジョブマッチを参考に、実際に配置転換を行いました。また個々のスコアをチームで共有し、チームビルディングセッションを行うことで、相互理解を深めたり、互いの強みを生かしあう仕事の仕方を学んでいます。上司部下の定期面談でもPXTを用いながら仕事の振り返りや行動計画を立てるなど、互いの強みを生かす共通言語として組織活性化に役立てています。

効果

  • 個々の特性に合わせた配置の実現で働き甲斐を高める
  • 上司部下の定期面談におけるコミュニケーションの質的向上
  • 従業員同士で互いの強みを生かした働き方を実現

社員全員がお互いのPXTスコアを共有しあうことで、関係性を
深めるだけでなく、強みを生かした職場環境を作っています

社員全員がPXTを深く理解しているため、仕事でうまくいったときや、問題があった
時に、PXTを基に振り返り、効果的な打ち手を打つことが出来ています。新しいメン
バーとの距離を縮める効果もあり、組織づくりに欠かせないツールとなっています。

usersVoice
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加