「戦略的アセスメント」で、人材の可視化を実現する > 導入事例 > 導入事例 > 1000種の職務ライブラリーと人材のマッチングで最適配置を実現

導入事例

1000種の職務ライブラリーと人材のマッチングで最適配置を実現

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1000種の職務ライブラリーと人材のマッチングで最適配置を実現

導入背景

市場における技術革新と変化の背景にあって、同社において未来の技術を生み出すためには、企画を立案するだけでなく、プロジェクトの遂行において各役割にふさわしい人材を選び抜くことが重要ととらえていました。しかし熟練の技術者はこれまでの技術領域のみに頼っており、新しい役割、ポジションに誰を充てていく事が良いかを見極める術がなく、効果の高い配置や育成の方向性を模索していました。

ソリューション

PXTで提供されるパフォーマンスモデル・ライブラリーから、複数の技術職モデルを用いて、エンジニア一人ひとりに最もフィットする職務を発掘することが可能となりました。これにより、その人材に隠されたポテンシャルを再活性させるためのPDCAを回すことが出来るようになりました。同時に重要職務であるプロジェクトマネジメント人材の後継者計画にも役立ち、早期に素養のある人材を特定することで、後継者候補人材に適切な経験やアサインメントを与える判断材料となっています。

効果

  • 職務ライブラリーを用いた技術者の適材配置
  • 重要職務の後継人材の早期特定による計画的育成
  • タレントマネジメントシステムとの連動による分析力強化

職務ライブラリーを最大活用し、戦略を遂行する人選に活用。
外部システムとの連動で質の高い人材データ分析を実現

どんなに秀逸な戦略を立てても、その任務を遂行する人材の選定を誤れば、期待した成
果を上げることはできません。PXTは最適な人選の判断を誤らないための強力な客観デー
タとして役立っています。当社ではタレントマネジメントのシステムにPXTデータ連携をする
ことで、より多面的な人事判断データを得ることが出来ています。

usersVoice
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加